井上馨(いのうえ かおる、天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家、実業家。本姓は源氏。清和源氏の一家系河内源氏の流れを汲む安芸国人毛利氏家臣・井上氏。首相・桂太郎は姻戚。同時代の政治家・井上毅や軍人・ ...

常陸の鉱山開発.1日立鉱山(ひたちこうざん)は茨城県日立市にあった鉱山で、主に銅と硫化鉄鉱を産出した。1905年(明治38年)以前は赤沢銅山と呼ばれていた小鉱山であったが、同年久原房之助が経営に乗り出し、日立鉱山と改名され本格的な開発が開始された。久原の経営開始 ...

日本の黎明 平泉への道22.蝦夷の強制移住 朝廷側移民と表裏一体 延暦24(805)年、播磨国の蝦夷(えみし)で蝦夷爵第二等の去(さる)返(がえし)公(のきみ)嶋(しま)子(こ)が浦(うら)上(かみの)臣(おみ)という姓を賜(たまわ)っている。 また、弘仁5 ...

呪術と科学(2人のフレイザー)広島仏教学院 あさのしゅうじ 右の図をご覧ください。白黒交差した線が渦巻き状に続いているように見えます。しかし、この線を手でなぞってみると、本当はいくつかの正円の組み合わせであることがわかります。(太い白円は私が補助に入れた ...

坂東千年王国論 よりはじめ大和朝廷は各地に軍団を組織した。21歳から60歳までの男子の内三分の一を徴集し、交代で軍団に集めて二ヶ月ほど兵士として訓練の後、色々な勤労奉仕や各地の警備にあてた。北九州に派遣された過酷な防人は、東国から徴発された軍団であった。国の ...

国衙軍制国衙軍制(こくが ぐんせい)とは、日本の古代末期から中世初頭にかけて(10世紀 - 12世紀)成立した国家軍事制度を指す歴史概念。律令国家が王朝国家へと変質し、朝廷から地方行政(国衙・受領)へ行政権を委任する過程で成立したとされる。また国衙軍制は、軍事貴 ...

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。 生まれ: ドイツ ライプツィヒ1813年5月22日-1883年2月13日, イタリア ヴェネツィアウィキペディアヒトラーの予言 第 ...

二・二六事件1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こしたクーデター未遂事件である。陸軍内の派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校ら陸軍幼年学校・旧制中学校から陸軍士官学 ...

↑このページのトップヘ