小池起爆ピンは抜かれた
項目関連ニュースを同系列で展開~


築地移転延期
「豊洲スタートしていたら問題になっていた」「間違った情報、信頼回復と逆行、改めて粛正する」小池都知事厳しい表情
産経ニュース / 2016年9月10日 21時58分

「豊洲市場のスタートを決めていたら、後から課題が出て、大変に問題になっていた」。東京都の小池百合子知事は10日夕に開いた緊急の記者会見で厳しい表情をみせた。

 横のスクリーンには、4・5メートルの盛り土の上に建物が建っている都が作成したイラストが写し出されていた。小池氏は棒で4・5メートル部分を指し示しながら、「ここが抜け、空間になっている」。

 都によると、平成20年7月、専門家会議が汚染対策を提言。その中では汚染対策として、敷地内の表土約2メートルを削って汚染を除去した上で、きれいな土を搬入し、4・5メートル分の盛り土を行うことが盛り込まれていた。だが都はその後に建物設計を実施した際、独自の判断で盛り土を行わないことを決めていた。

 都は、建物床のコンクリートの厚さが35~45センチあり、土壌汚染対策に関する法律の基準は満たしているとしているが、豊洲市場の環境問題が物議を醸す中で議会の質問や報道機関の取材に対して変更を説明することはなかった。

 担当の都幹部たちは「事務的なミス」「思いがいたらなかった」などと語り、過失であることを強調している。だが、小池知事は会見では今後立ち上げる調査チームで、実態とは違った情報発信を続けた経緯などを調べる方針を表明し、静かな口調でこう宣言した。

 「間違った情報を与えるのは都政の信頼を回復することと逆行する。改めて粛正をしていきたい」

パンドラの箱が開いた 築地移転延期の波紋(ルポ迫真) 
2016/9/10 0:20 日本経済新聞 電子版
  「やっぱり行けない」。築地の水産仲卸の団体、東京魚市場卸協同組合(東卸)理事長の伊藤淳一(63)には苦渋の決断だった。都知事の小池百合子(64)が築地市場(中央区)の移転延期を表明した8月31日、市場内の様々な団体を束ねる築地市場協会は、移転延期の再考を求める要望書を都庁へ持っていった。当初は伊藤も同行予定だったが直前に取りやめた。
東卸は600弱の仲卸の集まり。それぞれが市場で魚を仕入れて売る…

小池知事、豊洲の安全性検証 盛り土未実施問題 
2016/9/10 21:16日経 
 東京都の小池百合子知事は10日、都庁で記者会見し、築地市場(中央区)が移転する予定の豊洲市場(江東区)で、土壌汚染対策の盛り土が主要な建物の地盤で行われていなかったと発表した。小池知事は「盛り土をするというこれまでの説明は正しくない。訂正する」と述べた。市場移転で新たな問題が発覚したことで、知事が延期を決めた移転時期にさらに影響が出る可能性もある。

 豊洲市場の盛り土が一部実施されていなかったことについて記者会見する小池都知事(10日午後、都庁)
 
豊洲市場の盛り土が一部実施されていなかったことについて記者会見する小池都知事(10日午後、都庁)
 市場移転は当初11月7日の予定だったが、小池知事は来年1月の環境調査の結果を待って移転時期を判断する。今後の判断への影響については「安全性の確認をしっかりしたい。予断を持たず、色々なケースを考えたい」と語った。

 豊洲市場は土壌からベンゼンなどの有害物質を検出。このため都は有害物質を含む土を除去し、きれいな土を盛る土壌汚染対策工事を実施したと説明していた。しかし実際には主要な建物の地盤には盛り土をせず、コンクリートで塞いだ。

 都は「コンクリートによる遮断でも安全性を確保している」との認識。ただ、過去に土壌汚染を調査した専門家会議はコンクリートによる安全性を確認する前に解散していたことも判明した。

 小池知事は「間違った情報を与えると、都政への信頼回復と逆行する」と指摘。盛り土と安全性の関連について、当時の専門家会議のメンバーから改めて意見聴取する考えを示した。近く発足する市場移転に関するプロジェクトチームでも土壌の専門家を交え、安全性を検証する。

 小池知事は「当時の担当者にも話を聞かなければならない」とも述べ、2011年から始めた土壌汚染対策に携わった都幹部らからも事情を聴く方針だ。

橋下徹氏“小池批判”ツイート連発 築地移転延期で《こりゃ、まずいな》
 2016.9.1 20:04 産経新聞
橋下徹前大阪市長が、東京都の小池百合子知事による築地市場(中央区)から豊洲新市場(江東区)への移転延期方針について、厳しいツイートを連発している。小池氏は「都政の闇」に切り込む都政改革本部のメンバーに、橋下氏のブレーンを抜擢(ばってき)しているだけに、注目だ。

 橋下氏は、小池氏の緊急会見前日(8月30日)から、《小池都知事が築地市場の移転を延期する方針とのこと。こりゃ、まずいな。改革知事をアピールするためだろうが、政治戦略・戦術としては失敗するだろう》と懸念を示していたが、会見当日の31日朝、以下のように書き込んだ。

 《小池都知事の築地市場移転延期は、鳩山民主党政権時の普天間基地は最低でも県外移転、と同じ政治的結末をたどるだろう》

 《築地市場の移転延期には莫大なコストがかかることも認識しなければならない。それは結局都民の負担になる。延期した以上、完全白紙撤回を目指さなければならない》

 《小池都知事が延期判断をするなら延期コストの明示は絶対に必要。それを明示しない延期は都民ファーストではない》

 小池氏の会見があった31日午後から1日午前8時までに、橋下氏の新たな書き込みはない。橋下氏はどう語るのか。

豊洲市場、盛り土されず…小池都知事緊急会見
読売新聞 / 2016年9月10日 23時43分
東京都の小池百合子知事は10日、緊急記者会見を開き、築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の一部で、土壌汚染対策の盛り土をしていなかったと発表した。

 都はこれまで、豊洲市場の敷地は約4・5メートルの盛り土をしたと説明していた。今後、かつて土壌汚染対策を検討した都の専門家会議メンバーに調査を依頼するとともに、移転問題を調査する専門家のプロジェクトチームが安全性を検証する。

 都によると、豊洲市場の「水産仲卸売場棟」「青果棟」など五つの主要施設の地下は、配管や配線が通る空間で、床は厚さ35~45センチのコンクリートで覆われている。土壌汚染対策法の安全基準は満たしているが、小池知事は「都が設置した専門家会議は安全性を確認していない」と問題視した。

 都はこれまで、ホームページなどで、建物の下にも盛り土がある説明図を掲載してきた。担当者は「図は豊洲市場の設計前のもので、更新することに思い至らなかった」などと説明した。
(各新聞メディアより 記事引用)

「小池起爆ピンは抜かれた」より
天皇の「祖」はジンムでありカンヤマトイワレヒコ、【天皇在位期間は、辛酉年(紀元前660年・神武天皇元年)1月1日 (旧暦) - 神武天皇76年3月11日 (旧暦)。】(ウィキぺデア)であると、文献にかかれてる。
古来よりそう信じられてきた。歴史的統治者である武将たちは、この系譜を念頭に置き世を平定してきた。したがって一時「天下人」となったとしても、その上にはさらに「雲上殿」があって、もっと上から俯瞰している存在の「・」がいた。それが天皇である。

では、それはどこからやってきたのか、と問えば、すでにこれも文献に載っている。
神話世界「高天原」より「天孫降臨」(てんそんこうりん、神が天から舞い降りた)によって神の遣いとして、世を統治するために任を与えられた。というさっぱりいえば神託である。

そうして日本国において2676年経過し、諸事が複雑化し、仕事が増え、「もう忙しくてやってらんない」という嘆息的意見が、今回の会見である。

その「祖」の故郷回帰論ではないが、高千穂「高天原」伝説、高天原(たかあまはら)、『古事記』に含まれる日本神話および祝詞において、天津神が・・高千穂神社の「天鈿女命」~。そのことについて語ろうと思う。

意外な展開、強引な起承転結、との反論は必至と読む。まさに2676年の時空を超えて、バーチャルとリアル世界を、映像も動画も3Dも使わず、ひたすら文字のみで 縒り括るという、紀元前のギリシア吟遊詩人の心境だ。


豊洲移転問題にに絡んだ「びっくり玉手箱」開門は新たな展開の様相。その一つに地下汚染物質硫砒鉄鉱ヒ素が隠れ埋もれていた問題。
硫砒鉄鉱(りゅうひてっこう、arsenopyrite)はヒ素と鉄の硫化鉱物。ヒ素の代表的な鉱石鉱物である。硫砒鉄鉱を焼くとヒ素が分離して、猛毒である亜ヒ酸ができる"亜砒酸は宮崎県高千穂町土呂久の鉱毒事件の原因として有名"である。硫砒鉄鉱そのものには毒性はないが、表面に風化によって亜ヒ酸など有害な砒素化合物が生成・付着している可能性がある。手に持った際にはすぐに手を洗浄し、直接口や食物に触れるべきではない。化学組成は FeAsS。純粋なものは鉄34.3%、ヒ素46%、硫黄19.7%の割合である。また、鉄の一部はコバルトもしくはニッケルで置き換えられ、コバルトの割合が大きい種類のグローコドート鉱(glaucodot) との間に連続的な固溶体をつくる。結晶系は単斜晶系に属するが、通常、擬斜方晶系の菱餅型か菱形柱状の結晶で産出される。モース硬度は 5.5 - 6。比重は5.9 - 6.2。へき開は柱状で、断口は不平坦。結晶は金属光沢があり、色は銀白、鋼灰色で、灰色にまたは黄色に変色する。条痕は灰黒色。
(抜粋http://blog.livedoor.jp/raki333/archives/52092596.html

インターネット見出しを被いつくす記事、それは
大変なもんだいか?
それとも、いつもの日本的体質が踏襲されただけか、の問題か、のいずれか、か。という提起をしたいが、まこのまま1年ウヤムヤで収束しそうな気配もなではない。過去の歴史に倣ったらそうなる。

巨額損失という数字
東京ガス工場跡地の豊洲市場予定地の地下水や土壌から、環境基準値を大きく超える高濃度のベンゼンなどの有害物質が相次いで検出された。都は約858億円をかけ土壌汚染対策工事を施した。

2009年2月時点で約4316億円だった豊洲市場の総事業費は、今年2月時点で約5884億円に膨れ上がっている。延期によるランニングコストや補償金を含めれば、予算の上積みは避けられない。
(抜粋記事〆)

なぜ「東京ガス工場跡地」だったのか、という理由が、豊洲移転の争点としてどこにも書かれていない。そのことを主要メディアに問いただしたいが、おそらく、そのからくりまでは知らないだろう。また調べもしないだろう。それを知ってしまったら初めから、豊洲に食品全般市場を作るという発想は上がらない、と。まそれは後にして。

小池都知事は、「大変な問題」として励起したが、おそらく都官僚にしてみれば「女素人ごときが、いらぬことを騒ぎ出して~」と、閉口しているに違いない。

その中で問題の「ドン内田」の振舞いだか、ほぼ頓死状態にいたった、と推測する。

ハコ物建設で客土未処理は業界のよくやる手で、これによって1.2割の工費節減ができる。埋めてしまえば総てが隠される、という安直発想で、昨年のパイル基礎杭虚偽工事が物語っている。

おそらく、それを暗黙裏に知っていたなら、今回それが暴露されたのであり、そこに反論するカードがなくなった、とみるべきだろう。

やや旧いコメントで橋下氏のツイート意見。「移転を延期する方針とのこと。こりゃ、まずいな」と嘆息した、とある。

これを云った時点で、「地盤下層客土」手抜き工事は発覚していない。しかし、これがバレた以上、橋下氏の言論の質も変わるはずだし、また、その意見を貫くのであれば、やはり氏は単なる政治家であり、「民」のために政治をつかさどる立場になかった、と判断される。

というのは、氏が恐れているのは、 約5884億円工費であり、移転中止、無制限延期となると、その額は増え続け、1兆円に届くのは必至だ。
そうなると、一人の政治家、一人の自治体長といえども、その金額と首の価値が測られたとき、バランスがとれるかという話だ。(政治家というのはその額に見合う資産と人間的価値を民に提供できるかという問い)

これはフェクション的プロットだが、この筋を小説仕立てで書くとしたら、暗殺事件が起きる。そのことも世界の歴史が多くの例題小説実話で語っている。また自殺者も数人でる?。
いちばん危ないのは、立ち上げから総てを知っている公人だが、トップ職を経験したこともなく真面目な模範職員だろうと予想?。

そのこともまったく架空のフェクションとして面白おかしく空想を膨らますのはスリリングな話である。
断っておくが、これをもって真相暴露、などという不埒な魂胆はもとよりない。
あくまでもエンターティメントであり読者を歓ばせるためのエセ・ライター、ゴーストライター(この場合の筆者)である。そのことを念頭において読んでもらいたいと思う。

2004年7月~豊洲構想 (資料ウィキぺデア)
★地下には第五福竜丸によって水揚げされた、水爆で被曝したマグロ(当時「原爆マグロ」と呼ばれた)が埋められている問題が存在している
★仲卸店舗の横幅は1.5mで、隣り合った店舗の間には間仕切りの壁がある。マグロを捌く包丁は刃渡り7~80cmで長さは1mほどあり、店内でマグロを捌くことが困難となる。(報道記事ではこれが極端に誇張されている、いまだ使用したこともない施設なのに?)
 
東京都は、築地市場が取り扱い数量の拡大により施設が手狭になった事や、施設老朽化、銀座などに近い築地という立地の良さなどを鑑み、2014年を目処に江東区豊洲への移転を検討していた。
東京都側と築地市場業界との協議機関として、新市場建設協議会が設置され、2004年7月には「豊洲新市場基本計画」が策定された。しかし、移転先の場所が元々東京ガスの施設だった事から、国の環境基準を大きく上回る有害物質(鉛・ヒ素・六価クロム・シアン・水銀・ベンゼンの6種類が国の環境基準を超えており、発癌性物質であるベンゼンにいたっては局地的ではあるが、国の基準の43,000倍である。)が地中にあり、移転反対運動が行われている。
その対応として、2012年度より豊洲新市場土壌汚染対策工事を行っている。なお、環境問題に関しては現在の築地市場でも、地下には第五福竜丸によって水揚げされた、水爆で被曝したマグロ(当時「原爆マグロ」と呼ばれた)が埋められている問題が存在している。
また、築地市場の建物にはアスベストが使用されていたが、現在は健康被害を防ぐための対策がなされている。主要施設においては既に「対策済み」とされている。一部施設(駐車場など)については、吹きつけ材の状態が安定しているなどにより、当面は現状維持の上で「解体時対応」とされる。
土壌汚染対策のために開場時期は何度も延期されている。2014年12月17日、新市場建設協議会は2016年11月上旬に開場し、築地に代わる新市場として発足する事を正式に決定し、その後開場日は11月7日とすること、名称を「豊洲市場」とすることが決定した。だが2016年8月31日、開場は2017年2月以降に延期されることが発表された。

環二通りと東京都市計画道路補助第315号線の交差点を中心に5街区から7街区の3街区に跨がって建設された。東側の5街区に青果棟、西側の6街区に水産仲卸売場棟、南側の7街区に水産卸売場棟および管理施設棟が配置されている。交差点の北東方に市場前駅があり、歩行者デッキで各街区と連絡される。また、交差点に隣接して6街区と5街区に観光客を対象とした商業施設「千客万来施設」が建設される予定。

他市場への転配送施設を設置するなど、首都圏のハブ機能を確立する。搬入から搬出までの一貫した物流システムを確立するなど、取引・物流両面の効率化を図る。高度な衛生管理、よりよい品質管理が可能となる施設整備や体制作りを行うなど、安全・安心の市場作りを行う。買い回りの利便性の向上及び商品や取引情報の提供など、顧客サービスを充実する。
環境負荷の低減、省エネ・省資源を実現する。賑わいゾーンの設置や魅力ある都市景観に配慮するなど、街作りに貢献する市場とする。
以上、豊洲新市場基本計画より。

東日本大震災により築地市場の移転が予定されている江東区豊洲地区が液状化現象に見舞われた。東京電力福島第一原子力発電所事故を受けて来日していたジョージア大学のチャム・ダラス教授が都内各地の放射線量を測定した。その結果、各地で放射性物質は検出されたが、いずれも許容範囲内だった。しかし、新宿区西新宿の都庁前と江東区の豊洲でやや高い数値を検出、豊洲の数値が高い理由として教授曰く「どうやら、第1原発とは関係がなさそうだ。以前の工業地帯時代に原因があるのではないか。いずれにしても、子供は注意したほうがいい」との事である。

床の1㎡あたりの耐荷重が700kgで設計されており、水産物の重量により容易に超過してしまうことが指摘されている。
コールドチェーン実現のため冷蔵倉庫と同様にトラック後部から荷卸しする構造になっており、ウィング車の使用が困難である。築地市場では海水を使用して清掃を行うことにより蛆を駆除してきたが、豊洲市場では腐食防止のため淡水で清掃する。このため、コバエの発生が懸念されている。

築地市場は、当初、列車輸送が想定されていたためトラック駐車スペースは狭小であった。
築地市場が、取り扱い数量の拡大(2005年に2140トンで日本最高)により施設が手狭になったことや1935年(昭和10年)開場の施設の老朽化や違法駐車増加、銀座などに近い築地という立地条件の良さの他目的への利用価値の観点から、道路条件や駐車スペースなど2012年(平成24年)をめどに東京都江東区の東京ガスの工場跡地の豊洲市場への移転が検討された。
東京都は、築地市場の移転先を豊洲にすることは元々反対の立場で築地市場の再整備を始めていたが、営業しながらの再整備工事は完成まで長期間かかり、再整備工事期間中は市場の営業活動に悪影響をもたらすことなどの問題点が浮上し、当初の計画通りに工事を進めることが困難なことから賛成へと変化し、2001年(平成13年)に再整備をやめて豊洲に移転することを決定した。東京都側と築地市場業界との協議機関として、新市場建設協議会が設置されており、2004年(平成16年)7月、「豊洲新市場基本計画」が策定された。
東京都知事・石原慎太郎は「築地は古くて清潔でない。都民や消費者の利益を考えれば、市場を維持するわけにはいかない。ほかに適地はない」と示したこと、2007年(平成19年)の都知事選挙において当選の会見を行った石原が、築地市場には大量のアスベストが存在しており移転は必要と発言している。

反対意見
(海軍の毒ガスや化学兵器の研究を行う「技術研究所研究部化学兵器研究室」等)
(カッコ内筆者記入)

 
移転先の場所はかつて「東京ガス」の施設があり、それによる土壌汚染が判明している(東京ガスから東京都側にはそのことの説明が行われており、東京都は承知していた)。
このため豊洲への移転には反対論が存在し、都議会においては民主党などが反対している。

東京都などは、移転先の用地の土の上に4.5メートルの汚染されていない土壌を重ね、アスファルトを敷くことから問題はないとして移転計画を推進しているが、一方で"豊洲は汚染されている"とした移転反対運動がある。
これを裏付けるように、都が2007年(平成19年)10月6日に発表した調査結果で地下水はベンゼン、シアン化合物、鉛、ヒ素が環境基準を、土壌はベンゼン、シアン化合物、ヒ素が環境基準を上回る汚染が明らかになった(ベンゼンにいたっては国の基準の1500倍の濃度の検出であった)。

これと共に東京湾の環境問題も注目され、そこで獲れる魚介類の汚染も浮き彫りになっている。
なお、環境問題に関しては現在の築地市場でも、海軍の毒ガスや化学兵器の研究を行う「技術研究所研究部化学兵器研究室」が設けられていた時期があったことや地下には第五福竜丸によって水揚げされた、水爆で被爆したマグロ(当時「原爆マグロ」と呼ばれた)が埋められている問題が存在している。
ただし、それによる汚染を客観的に数値化した資料は存在しない。
(※筆者注 存在しないとは存在する事実を隠す、と言う隠語のような含みの意味で探せば出てくる。日本のリテラシーは世界1であり、総てを記録するという体質は縄文時代よりある)
2009年(平成21年)7月の東京都議会選挙の結果、移転賛成派の自由民主党に代わって反対派の民主党が都議会第一党となり、移転へのハードルが上がった。同年9月には赤松広隆農林水産大臣が築地市場を訪れ、安全性が担保されない限り卸売市場法に基づく許認可を出さない方針を表明している。
民主党は豊洲移転に替わる案として、晴海地区を利用し、現在の築地市場を再整備する案を表明している。この案には民主党の他に日本共産党も賛成しており、豊洲移転推進派の自由民主党と公明党は反対している。
しかしその後都議会民主党は、都が関係者と合意したことで移転賛成に転じた。2012年3月29日の都議会では、市場移転費用を含む新年度予算案が賛成多数で可決し、移転はほぼ確実になった。 その後も工事と同時並行で協議は進み、2014年12月17日の新市場建設協議会において、2016年11月7日に豊洲市場を開場する方向で正式に決定した。

移転後の築地市場跡地の活用方法として、招致活動を行った2016年東京オリンピックのメディアセンターとする構想を明らかにしていたが、2008年(平成20年)10月31日の定例記者会見で石原は、これを断念し東京ビッグサイトにメディアセンターを設置する方針を表明した。ただし、2016年のオリンピックがリオデジャネイロに決まったことにより、この案は一旦消滅し、2020年東京オリンピック構想に引き継がれる。
また、石原は2006年(平成18年)9月8日の定例記者会見において築地市場跡地に「NHKが移転する」と発言し波紋を広げたが、NHKは「そんな計画はない」と完全否定している。

「技術研究所研究部化学兵器研究室」詳細リンク
http://blog.livedoor.jp/raki333-cinnamon/

1936年2月26日「2.26事件」の3年後に設立

1939年(昭和14年)1月「登戸研究所」 設立 
現在の神奈川県川崎市多摩区生田にかつて所在した、大日本帝国陸軍の研究所。1939年(昭和14年)1月、「謀略の岩畔」との異名をとった陸軍省軍務局軍事課長・岩畔豪雄大佐(正確には軍事課長就任は同年2月、大佐昇進は同年3月)によって、特殊電波・特殊科学材料など秘密戦の研究部門として、通称「登戸研究所」が「陸軍科学研究所」の下に設立された。
登戸研究所の前身は1919年(大正8年)4月に「陸軍火薬研究所」が改編して発足した「陸軍科学研究所」のため、当初の正式名称は「陸軍科学研究所登戸出張所」であった。

+++ +++

追記記事
なぜ不正確な報告・情報公開がまかり通ってきたのか?東京都のガバナンスは全面的な見直しを
おときた駿2016年09月10日 23:35
豊洲市場、盛り土せず=汚染対策、主要施設で-築地問題で緊急会見・小池都知事
すでに大きく報じられている通り、従来の都の説明によれば豊洲新市場では地盤「全体」に対して2メートルの土の入れ替え・2.5メートルの盛り土が行われていたにもかかわらず、実際には卸・仲卸などが営業する建屋の下では盛り土による対策はしていなかったことが発覚しました。(記事部分のみ引用)

オトキタ氏の記事が、都議会内部を詳細に伝えている、ということではまったくない。その正反対、内部大混乱の微細を朴訥に語り・・、ということだ。

小池都知事に対する総攻撃(保守都議枠を越えてプレミアム外野席より)が始まった。もっとも仕掛けたのは起爆ピンを抜いた小池氏本人なのだから、予めの戦闘状態は判りきっていることなのだ。さて、その戦術がどう展開していくかが問題だ。「オトキタ瓦版」でわかるように、なにがどうして、だれがだれに対してなにを問い、そこになにを提示するのか、ごちゃごちゃ状態を瓦版は、如実に語っている。これはこれで充分効果はあった。もはや収集が着かない、状態と一区切りして神託を待つ。なおチケット転売はしていない!?