日本の治水事業(琵琶湖)
疏水計画前史 都市史27
 「疏水」(そすい)という言葉は,水路を開いて水を通すことを意味しますが,京都では疏水といえば琵琶湖疏水を指します。京都は内陸部に位置するため,せっかく琵琶湖を利用して北陸地方から運んできた物資を,大津で牛車に積みかえていました。水運による大量輸送に比べコストがかかるので,琵琶湖と京都を結ぶ水路建設は長年の懸案でした。
IMG_8780
 疏水計画は江戸時代からありました。古くは寛政末(1800)年頃の疏水計画図が残っています。ついで天保12(1841)年壬生村の農民が京都町奉行所に請願した計画,文久2(1862)年豊後国(大分県)岡藩主中川久昭が朝廷に申請した計画,明治5(1872)年下京の住人が京都府庁へ請願した計画,明治7(1874)年に滋賀県が立案した外国資本を導入する計画等があります。

 琵琶湖疏水とは?

 明治2(1869)年,東京遷都に直面して,京都の地位低下を怖れた京都の人々は,水路開発による都市機能の再生を願って,疏水計画を立てました。当時の京都府知事は槙村正直(まきむらまさなお)でしたが,後任の北垣国道(きたがきくにみち,1835~1916)の主導で事業が推進されることになりました。

 その計画は,通船だけではなく,多目的なものになりました。第1は運輸のため,第2は灌漑のため,第3は動力源確保のため,第4は飲料水確保のためでした。
 明治14(1881)年から予備調査を始め,明治18(1885)年6月に起工。明治23(1890)年4月,第一疏水第一期工事(夷川<えびすがわ>の鴨川合流点まで)が完成しました。一方,鴨川合流点から伏見墨染のインクラインまでは,明治25年11月に起工,27年9月に完成しています。

 第一疏水は滋賀県大津市三保ヶ崎(みほがさき)で琵琶湖より取水し,三井寺の山下を貫き,山科盆地北部山麓を通り,蹴上(けあげ)に出て西に向かい,鴨川東岸を南に下って伏見に至り宇治川に合流します。全長約20キロメートルです。

 分線は第一疏水と同時期に着手されました。主に灌漑のためで,蹴上から分岐して北白川,下鴨を経て堀川に至り,全長約8.4キロメートル。

 起工当初は通船が第一目的でしたが,工事なかばで水力発電に着目し,日本最初の水力発電所を設け,市内電車の動力や工業用の電力を供給するなどの計画変更がなされました。

 明治18(1885)年,府庁内に疏水事務所を設け工事を進めましたが,事業主体は上・下京区にありました。明治22年の市制施行後は,京都市に引き継がれました。総工費は125万円で,当時の内務省年間予算額が100万円前後であることを考慮すると,その巨額なことがわかります。

 財源は,上下京区有の産業基立金(明治天皇が東京遷都の際に京都に下賜したもの),府や国庫からの下渡金,市債,寄附金によりました。不足分を補うために地価割・戸数割・営業割の三種類の税が市民に課せられました。

 疏水工事は空前の大事業であったため,中央政府の中でも賛否が分かれました。滋賀県や大阪府でも上下流の利害がからむ反対運動があり,両府県に対し予防工事費が支出されました。同じ理由で京都府内各地でも災害対策をめぐる建議や陳情が相つぎました。

 工事の特徴は?
 工事は北垣知事の下,工部大学校(東京大学工学部の前身)を出たばかりの田辺朔郎(たなべさくろう,1861~1944)を設計・指導者として抜擢し,日本人の力だけで施工されました。重要な工事は外国人技師にゆだねていた時代にあって画期的なことでした。

 延長2436メートルもある滋賀県側の長等山(ながらやま)疏水トンネルは,当時としては日本で最長のものでした。山の両側から掘るほかに,山の上から垂直に穴を掘り工事を進める竪坑方式を採用して,工事の促進をはかりました。

 疏水の影響
 明治24(1891)年に疏水を利用する蹴上発電所が設けられ,これにより工場動力の電化がはかられ,明治28(1895)年には,市街電車を全国にさきがけて走らせました。

 疏水完成により高瀬川曳船人足(たかせがわひきぶねにんそく)の失業問題,南禅寺附近掘鑿工事における井水枯渇問題,用地買収をめぐる裁判など派生的な社会問題も生じました。

 その後,水力発電の増強と水道用水確保のため,明治41(1908)年,第二疏水の工事に着手,同45年に完成しました。これは,第一疏水の北に並行して建設され,蹴上で第一疏水と合流。全長7.4キロメートル。水道源として汚染を防ぐため,全線トンネルになっています。

 現在の疏水
 疏水は現在も京都の上水道源としての役割を果しています。夷川管理棟では,昭和58(1983)年以降,疏水遠隔監視制御設備を整備して,集中的に流量管理をしています。昭和初年まで続いた舟運は廃止され,水路閣やインクラインは,歴史的建造物として観光名所となっています。

(ウィキぺデア)
琵琶湖疏水は、第1疏水(1890年に完成)と第2疏水(1912年に完成)を総称したものである。
両疏水を合わせ、23.65m3/sを滋賀県大津市三保ヶ崎で取水する。その内訳は、水道用水12.96m3/s、それ以外に水力発電、灌漑、工業用水などに使われる。また、疏水を利用した水運も行なわれた。水力発電は通水の翌年に運転が開始され、営業用として日本初のものである。その電力は日本初の電車(京都電気鉄道、のち買収されて京都市電)を走らせるために利用され、さらに工業用動力としても使われて京都の近代化に貢献した。

水運は、琵琶湖と京都、さらに京都と伏見・宇治川を結んだ。落差の大きい蹴上と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船は線路上の台車に載せて移動された。
水運の消滅に伴いインクラインはいずれも廃止されたが、蹴上インクラインは一部の設備が静態保存されている。無鄰菴や平安神宮神苑、瓢亭、菊水、何有荘、円山公園をはじめとする東山の庭園に、また京都御所や東本願寺の防火用水としても利用されている。一部の区間は国の史跡に指定されている。また、疏水百選の一つである。

(京都市)
無鄰菴の庭園は、東山を借景とし、疏水から引き入れた水の流れがゆったりとした曲線を描いている。東端には醍醐寺三宝院の滝を模した三段の滝。池、芝生を配した池泉廻遊式庭園。明治の代表的造園家・小川治兵衛(植治)の作。昭和26年に明治時代の名園として国の「名勝」に指定されている。
ホームページhttp://murin-an.jp  

内容概要 無鄰菴の庭園は、東山を借景とし、疏水から引き入れた水の流れがゆったりとした曲線を描いている。東端には醍醐寺三宝院の滝を模した三段の滝。池、芝生を配した池泉廻遊式庭園。明治の代表的造園家・小川治兵衛(植治)の作。昭和26年に明治時代の名園として国の「名勝」に指定されている。

土木工学者。琵琶湖疏水の設計、工事監督者。江戸生まれ。工部大学校卒業とともに京都府御用掛となり、疏水工事を完成。水力発電所設置を成功させた。東京帝国大学教授。
のちに京都帝国大学教授。第2疏水、水道など京都市三大事業にも尽力。墓は東山区、市営大日山墓地。蹴上公園に銅像。1861(文久1)~1944(昭和19年)
 
 琵琶湖疏水 大津市三保ヶ崎の琵琶湖取水口から山科・蹴上を経て京都に入る運河。幹線は蹴上から鴨東運河・鴨川運河(インクライン2ヵ所)を通り伏見で宇治川に直結する約20キロ。
(記事引用)