idobatakaigi.com-blog

『二つの川の間』という意味のメソポタミア(現在のシリアやイラクの地方)の神話である。紀元前3千年頃のシュメール文明で生まれたシュメール神話を起源とし、バビロニア王ハンムラビがアッシリアを制圧した紀元前1750年頃に成立した。その中には一部、旧約聖書の創世記モデルとなったような部分も存在する。(ウトナピシュティムの洪水物語がノアとノアの箱舟の大洪水物語の原型となったとする説もある)。この神話で有名な部分は天地創造や半神の英雄ギルガメシュの冒険などが挙げられる。(検索ウキペディア)

2015年06月

上総氏 上総国の大武士団そもそも両総平氏は千葉三郎常房の鴨根郷進出(上総国夷隅郡鴨根)などを除き、初期においては名字地とした地も下総国に偏っており、上総国には夷隅郡内にわずかに所領が見えるに過ぎない(『徳嶋本千葉系図』)。つまり、両総平氏の根本はもともと ...

歯科治療と金属 冶金学 シュメールの冶金 矯正治療だけでなく、歯科治療では、たくさんの金属が使われていますが、口腔内で使用するので、為害性のないものでなければなりません。そのため、歯科では貴金属が多用されます。 矯正治療も、Angleの時代は金合金や、白 ...

古語拾遺・こごしゅうい『古語拾遺』とは、古代の氏族である斎部(いんべ)氏の由緒を記した歴史書である。斎部広成(ひろなり)の撰述(せんじゅつ)で、807年(大同2)に成立した。祭祀(さいし)を担当した斎部氏が、同様の職掌に携わっていて勢いを強めた中臣(なかとみ ...

常陸国風土記(ひたちのくにふどき)は、奈良時代初期の713年(和銅6年)に編纂され、721年(養老5年)に成立した、常陸国(現在の茨城県の大部分)の地誌である。 口承的な説話の部分は変体の漢文体、歌は万葉仮名による和文体の表記による。元明天皇の詔によって編纂が命じ ...

古代中国「殷」前漢の歴史家、司馬遷が著したとされる『史記』の「殷本紀」をもとにした王系表がある。それを王位の継承関係図として甲骨文にした。そこには多くの神々が祭られているが、その主要をしめるのは殷の先王である。殷の時代、天上に住む姿のない神を帝と考えた。 ...

↑このページのトップヘ