idobatakaigi.com-blog

『二つの川の間』という意味のメソポタミア(現在のシリアやイラクの地方)の神話である。紀元前3千年頃のシュメール文明で生まれたシュメール神話を起源とし、バビロニア王ハンムラビがアッシリアを制圧した紀元前1750年頃に成立した。その中には一部、旧約聖書の創世記モデルとなったような部分も存在する。(ウトナピシュティムの洪水物語がノアとノアの箱舟の大洪水物語の原型となったとする説もある)。この神話で有名な部分は天地創造や半神の英雄ギルガメシュの冒険などが挙げられる。(検索ウキペディア)

2015年11月

シリコンバレーの秘密の歴史・(1)(2)――祝・シリコンバレー生誕100周年伝説が現実になったら、その伝説を出版しましょう――リバティ・バランスを射った男(日経コンピュータ) 2012/07/30今回から、ブランク氏が著した「シリコンバレーの秘密の歴史」シリーズを隔週の ...

やはり西洋的価値観と中東的価値観に帰結?今回のパリテロ事件について、事件真相の解明の話しについては、あまり深く詮索して云々というのは憚られる。ここに引用した記事は、一般的なテロ事件分析に対して異論がある、ということで発言しているようだ。その内容は、西洋的も ...

オワコン橋下?西の大阪ではどうだかしらないが、東の都市近郊では橋下関連記事が、ぴたーッととまった。何故だかしらない。どうして一斉に載らなくなったのか。新聞を読んでないので知らないが、おそらくそこにもないだろう。問題の本人は、ツィッターのボタンを押しまくって ...

宇宙のナゾ“重力波”に挑む 巨大観測装置「重力波」世界初観測へ 望遠鏡が完成2015年11月6日 13時59分nhk.or.jp/newsアインシュタインが存在を予言した「重力波」と呼ばれる現象を観測しようと、東京大学などが岐阜県の山の地下深くに建設した巨大な観測装置が完成し、報道 ...

「上総介広常」に関する諸説親王任国の中の一つで、その当時の巨大勢力を誇っていた「上総介」氏族に関する逸話は、『吾妻鏡』を拠り所にして話しが展開しているが、古文書の解き方にも、それぞれの解釈が入り交ざってしまう場合がある。下記の記事は歴史検証をまとめてサイ ...

↑このページのトップヘ