idobatakaigi.com-blog

『二つの川の間』という意味のメソポタミア(現在のシリアやイラクの地方)の神話である。紀元前3千年頃のシュメール文明で生まれたシュメール神話を起源とし、バビロニア王ハンムラビがアッシリアを制圧した紀元前1750年頃に成立した。その中には一部、旧約聖書の創世記モデルとなったような部分も存在する。(ウトナピシュティムの洪水物語がノアとノアの箱舟の大洪水物語の原型となったとする説もある)。この神話で有名な部分は天地創造や半神の英雄ギルガメシュの冒険などが挙げられる。(検索ウキペディア)

2016年09月

アメリカの子供はなぜスナップチャットにハマる?米国おっさん記者が解説2016/07/23 17:00 Forbes JAPAN 編集部 , FORBES JAPAN最先端のSNSを使いこなしていると自負する大人は、ティーンエイジャーの流行を追いかけているだけなのかもしれない。スナップチャットを利用する ...

「テレビが沈黙」というメディア側の豊洲取り扱い方今回、あまりにショッキングなケースが噴出しているだけに、その「ネタ」に振り回されて、肝心のその「ネタ」を誰が掘り起こして、だれが先陣を切って暴露したか、という「メディアの正しい姿勢」が論じられていない。(地 ...

小池起爆ピンは抜かれた項目関連ニュースを同系列で展開~築地移転延期「豊洲スタートしていたら問題になっていた」「間違った情報、信頼回復と逆行、改めて粛正する」小池都知事厳しい表情産経ニュース / 2016年9月10日 21時58分「豊洲市場のスタートを決めていたら、後から ...

占いの真偽「占い」は古代の日常習慣に欠かせない儀式また生活指針となっていた。だが、現代社会の科学を知るわれわれにとっては、いかさま的存在のこども騙し程度でしかない。言い換えれば 為政者の政権維持に使われた道具のようにも思える。その信憑性については今でも賛 ...

日々日常のオドロキ出来事これは昨年書いた自著記事を、ピックアップしたものである。豊洲のトヨもない。当然だ。でもそれなりに新しいニュース記事はある。なかなか皆様、面白い視点で社会を観察していると憧憬した。最後の記事は、やや新しくて、文学賞の話だ。書籍、本、 ...

↑このページのトップヘ