idobatakaigi.com-blog

『二つの川の間』という意味のメソポタミア(現在のシリアやイラクの地方)の神話である。紀元前3千年頃のシュメール文明で生まれたシュメール神話を起源とし、バビロニア王ハンムラビがアッシリアを制圧した紀元前1750年頃に成立した。その中には一部、旧約聖書の創世記モデルとなったような部分も存在する。(ウトナピシュティムの洪水物語がノアとノアの箱舟の大洪水物語の原型となったとする説もある)。この神話で有名な部分は天地創造や半神の英雄ギルガメシュの冒険などが挙げられる。(検索ウキペディア)

2017年03月

初期フランドル派(ウイキペディア )『アルノルフィーニ夫妻像』(1434年)、ヤン・ファン・エイク。ナショナル・ギャラリー(ロンドン)所蔵。この肖像画はその寓意性、象徴性に複雑な意味を持たせた西洋絵画の嚆矢とみなされており、さらに垂直遠近法を採用した最初期の ...

「環状二号線 湾岸部:築地、勝どき、晴海、そして、豊洲へ」調査報告 2014年3月21日&23日撮影 再開発調査兵団 投稿日:2014年3月24日 更新日:2014年10月3日3月21日、23日撮影です。環状二号線は、3月29日に、虎ノ門~新橋間が開通します。ですが、まだまだ続きがあります ...

↑このページのトップヘ