idobatakaigi.com-blog

『二つの川の間』という意味のメソポタミア(現在のシリアやイラクの地方)の神話である。紀元前3千年頃のシュメール文明で生まれたシュメール神話を起源とし、バビロニア王ハンムラビがアッシリアを制圧した紀元前1750年頃に成立した。その中には一部、旧約聖書の創世記モデルとなったような部分も存在する。(ウトナピシュティムの洪水物語がノアとノアの箱舟の大洪水物語の原型となったとする説もある)。この神話で有名な部分は天地創造や半神の英雄ギルガメシュの冒険などが挙げられる。(検索ウキペディア)

2017年09月

きよう法務局にいってきました自分の住む所轄法務局ですから「千葉地方法務局茂原支局」になります。法務局の主な仕事は不動産登記関係が多く、この日も殆どが土地関係で、法人登記は別の受付でした。登記官に訳を話したところ、支局では受け付けてない、ということでした。 ...

ものの長さ(尺度の意識規定)「北の脅威」話題は、ニュースが流れる度に「ああ又か、首相と官房長官会見で遺憾の抗議・・・」ばかりで、すでに飽きてしまった。このままだと○○がはじまってしまっても、「アアまたか」と勘違いしてバーチュアルの中の出来事だと、歩きスマホ ...

↑このページのトップヘ